DiCEのCPU使用率が高い件 -- 2014.09.07 - 23:03 - Sun

ダイナミックDNSを使用したことのある人ならお馴染み「DiCE」ですが、ふとCPU負荷が高いことが気になった。

調べてみると、最近のLinuxとDiCEの組み合わせだと、CPU使用率が高くなるらしい。

どうやら起動方法を変えるだけで低くなるようです。

 

変更方法は↓のサイトを参考にさせて頂きました。

http://ubusrv.no-ip.info/index.php?DDNS

http://www.hrk-exp.net/2011/08/20110811.html

 

たぶん古い情報や、それをもとに書いた記事を参考しにして設定した人は、「/etc/rc.local」に↓のように追記しているはずです。

/usr/local/bin/DiCE/diced -d -l

 

その内容を↓に変えるだけ。

/usr/local/bin/DiCE/diced -s -l >> /usr/local/bin/DiCE/log/dice.log &

 

理屈としては、

・DiCEをデーモンとして起動していたところを、普通に前面で動くプロセスにするとCPU使用率が高くならない。

・OS起動時に「&」をつけてバックグラウンドで起動することで、常駐させる。

という感じ。

 

一応3週間ほど様子を見たら、ちゃんと更新イベントが何度も動いているようなので、大丈夫だと思う。

CPU使用率は、定期的に25%近くなっていたものが、2%くらいまで下がった。

 

今まで無駄な電気消費してたかなぁ。

カテゴリー |debian|サーバー|